警報発令時の対応指針Emergency

台風等における警報発令時の対応

 大雨・洪水・台風等に伴う『警報』が発令された場合の基本的な対応が,尾道市教育委員会の指導のもとで以下のように統一されておりますので,あらかじめお知らせいたします。


基本的対応

(1) 午前6時段階で台風等に伴う「警報」が尾道市に発令されている場合

※「警報」とは,大雨・暴風・洪水・波浪・高潮を指します。
学校は臨時休校となります。

(2) 午前6時よりも後に「警報」が尾道市に発令された場合

  すでに児童が登校している場合は,学校で児童の安全確保をします。
 その後,保護者に連絡を取り,迎えに来ていただいた保護者とともに下校させます。
(迎えに来られるまでは,児童を学校で待機させます。)

(3) 「警報」の発令はないが,地域的に豪雨になった場合

状況に応じて,「臨時休業」「自宅待機」などを判断しお知らせします。

(4) 児童登校後に「警報」の発令が予想される場合

基本は「学校待機」とします。
ただし,状況に応じて,
○ 授業を切り上げ,早めに下校させる
○ 定時まで授業をして,下校させる
○ 保護者の迎えがあるまで,学校で待機させる
などの判断をし,お知らせします。

※ いずれの場合も,まず,メール配信し,次に学級電話連絡網でお知らせします。
※ 臨時休業の場合は,児童の外出はさせず,安全確保に努めてください。
pagetop pagetop