学校の紹介Introduction

沿革史

明治 5年鏡ノ浦小学校「開郷舎」を開設 本村に「久敬舎」を開設(前身) 外浦学校を開設
昭和42年中庄小学校,外浦小学校,鏡浦小学校を統合し因島市立因北小学校を設置する。 第2棟(2号館)完成 本館(1号棟)完成 各教室,新校舎へ移転 体育館完成
  46年校舎内に学校給食共同調理場を設置する。
  47年簡易プール設置
  49年校歌制定
  54年因島市学校給食共同調理場稼働にともない,本校校地内調理場撤去
  55年児童数増加にともない第3棟(3号館)完成
  57年西便所増築完成 音楽室床全面張替
  58年新プール完成
  61年機械警備施設設置   相撲場完成
平成 元年体育館照明照度具取り替え(照度改善)
   4年文部省同和教育研究指定校に指定される。
   5年文部省同和教育研究指定校研究発表会開催
トイレの簡易水洗化
文部省同和教育研究指定校研究発表会開催
   8年家庭科教室の調理台取り替え 放送施設の改修 プールの修理と塗装 プールの修理と塗装
   9年理科室床全面張替 家庭科室の内装工事(掲示板等) 県家庭科研究大会開催
  10年パソコン教室の新設ならびにパソコン設置 ごみ保管倉庫新設
  12年広島県南部美術教育研究大会開催
  13年会議室床張替
  14年保幼小連携教育県指定 公開授業研究会(算数科)
  15年保幼小連携教育県指定 公開授業研究会(算数科)
  16年広島県生徒指導研究推進校指定 尾三教育事務所教育研究プロジェクト校指定 公開授業研究会(算数科・プロジェクト校) 道徳参観地域公開
  17年平成17・18年度 広島県「ことばの教育」パイロット指定校 尾三教育事務所教育研究推進プロジェクト指定校 尾道市立因北小学校(1月に尾道市と合併)道徳授業地域公開
  18年尾道市との合併に伴い,学校名が尾道市立因北小学校になる 平成17・18年度 広島県「ことばの教育」パイロット指定校 尾道市発展的教育研究校指定 公開授業研究会(国語科・パイロット校)道徳授業地域公開
  19年尾道市立大浜小学校を統合 平成19年度 広島県「ことばの教育」ステップアップ指定校 平成19年度 尾道市発展的教育研究指定校 公開授業研究会(国語科・パイロット校・重井幼小中・因北中合同研究会) 道徳授業地域公開
  20年平成20年度 広島県「ことばの教育」ステップアップ地域指定拠点校 公開授業研究会(国語科・中庄幼・重井幼小中・因北中合同研究会 道徳授業地域公開 東トイレの水洗化改修 電気工事(キュービクル設置)
  21年平成21年度教育課題「ことばの教育」パイロット校指定 尾道市立因北小学校教育研究会開催 平成21年度文部科学省幼児教育調査研究事業研究指定校 道徳授業地域公開 体育館トイレ・西トイレの水洗化改修
  22年平成22年度教育課題「ことばの教育」パイロット校指定 尾道市立因北小学校教育研究会開催 平成22年度文部科学省幼児教育調査研究事業研究指定校 道徳授業地域公開
  23年平成23年度尾道市教科等研究指定校「ことばの教育」 尾道市因北小学校教育研究会開催 道徳授業地域公開 1号館校舎耐震改修工事 体育館耐震改修工事
  24年平成24年度尾道市教科等研究指定校「ことばの教育」 尾道市因北小学校教育研究会開催 道徳授業地域公開
  25年尾道市因北小学校教育研究会開催 道徳授業地域公開
  26年平成26年度特色ある教育研究「教科・課題別研究指定校」
pagetop pagetop