スクールプラン 教育課程 シラバス 授業時数 生徒指導規程 三成小ガイドブック

三成小教育

生徒指導規程


尾道市立三成小学校 生徒指導規程

尾道市立三成小学校


《 尾道市立三成小学校 学校教育目標 》

「 夢チャレンジ 」
~かしこく やさしく たくましく~


《 めざす児童像 》

・自分から大きな声であいさつをする。

・そうじをだまってやりきる。

・時間を守る。


第1章 総則
《 生徒指導規程の目的 》

第1条

 尾道市立三成小学校では,「夢チャレンジ~かしこく やさしく たくましく~」 という学校教育目標のもと,日々の学校教育を行っています。また,めざす児童 像を上記のように考え,その育成のため,次のように生徒指導規程を定めます。


第2章 学校生活に関すること

第2条 欠席・遅刻について
・欠席をする場合は,その日の朝(8時20分までに),理由等を学校に保護者が連絡してください。前もってわかっている場合は,わかった時点で連絡
・2日連続して遅刻,週に2回以上遅刻した場合は,保護者に連絡し改善を図ります。

第3条 登校後の外出について
・許可無く学校の外に出た場合には,保護者に連絡をします。状況により警察に連絡し,捜索・保護をしていただきます。
・校外への外出は禁止ですが,正当な理由があり,校外に出なければならない場合には,許可を得た上で外出します。

第4条 不要物の持ち込みについて
・不要物を学校に持って来た場合には,学校で預かり,連絡後保護者に返却します。(不要物とは,授業に必要のないものです。)
・不必要なお金や物を学校に持ってこさせないでください。

第5条 携帯電話について
・携帯電話の校内への持ち込みは禁止します。どうしても必要な場合は,事前に許可を得ます。無許可で校内に持ち込んだ場合は,学校で預かり指導した後,保護者に返却します。

第6条 服装・頭髪について
・違反がある場合は,その場で直させ,その場で直せない違反(頭髪等)については,保護者に連絡し,期日を定め,直した後登校します。
・通学について
児童の通学に関しては,徒歩通学をします。特別な事情等については,教育的配慮をもとに保護者と協議して決めます。

第7条 授業妨害・エスケープについて
・授業妨害(授業を進行する妨げとなる言動)・エスケープ(授業する場所から抜け出す行為)があった場合は,別室にて特別な指導を行います。また保護者に連絡をします。教職員の指示に従わない児童についても,同様な措置をとります。

第8条 問題行動について
① 校内での問題行動(児童,教師への暴力,器物破損等)
保護者に来校していただき事実と今後の取組等の説明をします。過度及び繰り返して改善が図られない場合は,関係諸機関(子ども家庭センター,警察等)に連絡し,連携して指導します。また,一定期間の特別な指導を行います。
② 校外での問題行動(喫煙・万引き・夜間徘徊・暴力行為・触法行為等)
保護者に来校していただき事実と今後の取組等の説明をします。関係諸機 関(子ども家庭センター,警察等)に連絡し,連携して指導します。一定 期間の特別な指導を行います。
*特別な指導=別室指導,振り返りの指導等

第9条 その他
 「三成小学校のきまり」に明記してあるきまりを守れない場合は,学校で指導をします。度重なる場合は,保護者に連絡し改善を図ります。

第3章 特別な指導について
(問題行動への特別な指導)

第10条 次の問題行動を起こした児童で,教育上必要と認められた場合には,特別な指導を行います。
特別な指導の対象
・法令や法規に違反する行為(喫煙・万引き・夜間徘徊・暴力行為・触法行為
・器物破損等)があった児童
・服装,頭髪の違反・問題行動(暴力行為・器物破損等)のある児童
・授業のエスケープ,授業中指導に従わない児童
・授業を妨害する行為(暴力・暴言・過度な私語・立ち歩き等)をした児童
・その他学校が教育上必要であると判断した場合

第11条 反省指導 (原則として学校での反省とします。)
・状況を聞き取った後,自分の何がいけなかったか,これからどう行動するかを反省文に書くことで自身をふり返らせ,改善を図ります。
・その後は別室で指導・学習します。
・相手に,必要に応じて説明や謝罪をさせます。
・保護者に連絡し,必要な場合は弁償や謝罪を相手にしていただきます。
・反省が十分と判断できない場合,家庭連絡を行い反省期間を設けます。

第12条 別室指導の流れ
・登校後すぐに別室において,1日の学習計画を提示します。
・1日の学習後,振り返りをさせ,下校させます。
・登下校については,保護者が送り迎えをします。
・1日の様子を保護者に連絡します。
・別室指導を落ち着いて受け反省の様子が見られたら,今後の対応について協議します。
・問題行動の程度や繰り返し等により別室指導の期間を変更することがあります。

第13条 その他
 器物破損などがあった場合は,弁償させて頂くことがあります。

pagetop