警報発令時の対応Emergency

警報発令時等の対応について

 台風接近時など,天候に係る警報が発令される場合,尾道市教育委員会では生徒の安全確保のため次のような判断基準を設けています。


① 午前6時の時点で,大雨・洪水・暴風等「警報 」が出ている場合(広島県全域・県南部・尾三地域)は,自宅待機 とする。

② 午前11時までに解除になった場合は登校する。 解除となった段階によって登校する時刻を決定する。

③ 午前11時以降も解除にならない場合は臨時休校にする。


 これにしたがって,本校では次のように動きます。


 上記①については警報を確認し,自宅待機させてください。原則として,自宅待機に係る学校からの連絡はいたしませんのでご留意ください 。

 上記②の場合には,学級の緊急連絡網 及び メール配信 により登校時刻を連絡します。


 警報発令中, 生徒には外出をひかえさせ,家庭で学習をさせてください。

 なお,警報が発令されていない場合でも,天候等の急変があれば,登下校の時刻を調整する場合もあります。


※<お願い>

 朝6時の時点以外にも,登校中に警報が発令されたり,登校後に緊急対応が必要となる状況が発生する可能性もあります。

 緊急連絡については,「学級の緊急連絡網」による電話での連絡もしますが,日中など,時間帯によっては電話がつならず連絡が取れない状況も生じます。

 緊急に連絡が必要な場合は,メール配信システムによるメール配信も行いますので,ご理解いただき,できる限り,メール配信システムにご登録ください。どうぞよろしくお願いたします。

メール配信システムの登録について 
pagetop